草楽せんべい 紙風船

草楽せんべい 紙風船m80-10.JPG

■形状:角型
■重さ:0.073g
■一辺:8㎝
■富山の「草楽せんべい」のオマケの紙風船



草楽せんべい 紙風船

田中屋さんの草楽せんべいです。

80-4.JPG

おそらく富山の薬売りさんの絵だと思われます。

80-5.JPG

「草楽せんべい」は、
国産のイチョウや、はと麦、熊笹、富山県産の大豆を使っていて、
薬草が入っていることからこのネーミングになっているのだと思います。

80-12.JPG

おせんべいというより、クッキーのような食感です。
味は甘めです。

80-1.JPG

こちらが、お菓子のおまけについていた紙風船です。

80-6.JPG

製造元の田中屋さんは創業80周年だそうです。

80-7.JPG

富山の薬売りが薬のオマケとしてくばった紙風船に似せて作られています。
行商をする薬屋さんの絵柄だと思います。

80-8.JPG

「有磯せんべい」「おわら風の詩」「うず巻幻魚 昆布」「紅幻魚 海苔」
田中屋さんの他の製品の宣伝です。

80-9.JPG

富山のくすり
昔から、富山平野には立川連邦からの伏流水が豊富で、
薬草類が多く自生しておりました。
奈良時代、大伴家持が国司として越中にやってきた頃、
税として薬草を都へ送るために、薬の専門家が沢山移住してきました。
彼等がそのまま越中にすみつき、富山の薬商品を生み出す
軌跡を作ったといわれています。

と書かれてありました。
富山のくすりの由来が書かれています。

 

80-2.JPG

薬を作るための道具や、薬を入れる柳行李が描かれています。

80-11.JPG

売薬版画 その1

80-15.JPG

売薬版画 その2です。